簡易裁判所は、比較的軽微な紛争を迅速かつ簡易に解決するために設置されている裁判所です。

 

この簡易裁判所を利用して紛争解決を図る方法は、大きく2種類に分けることができます。

 

1つは、裁判所が主導権を握る方法で、

 

もう1つはあくまでも当事者間の話し合いで合意を目指すという方法です。

 

前者に該当するのが民事訴訟です。簡易裁判所は訴額が140万円以下の事件を取り扱っています。訴額が140万円を超えている場合は、地方裁判所に訴え出る必要があります。民事訴訟の審理は公開の法廷で行われます。また、証拠調べなど、あらかじめ法律で定められている一定の手続きをとる必要があります。判決で決まった内容には強制力が認められています。そのため、万が一、裁判で負けた相手が判決にしたがって債務を履行しなかった場合には、差し押さえの申し立てをすることができるようになっています。

 

もう一方の、あくまでも当事者間での合意形成を目指す方法である民事調停の場合には、様相がかなり違ってきます。

 

まず、非公開で行われるのが原則となっていますので、紛争当事者のプライバシーが保護されるという特徴があります。また、裁判を起こす場合よりも費用が安く済みます。さらに、実情に応じた柔軟な対応をとることが可能だというメリットもあります。合意に達することができた場合には、合意内容が記載された調書が作成されます。この調書には、判決と同じ効力が認められています。