簡易裁判所の選び方

| 未分類 |

一口に裁判所といってもその種類は実は事件ごとに担当が異なります。本03

 

そこで簡易裁判所を例に少し調べていきましょう。この裁判所は主に比較的軽い賠償の民事事件を中心に担当しており、一般市民にとっても身近な存在といえます。そんな身近な存在のためか、選び方も色々あります。

 

最近では市役所などの行政機関でも資料が置いてあることがあり、旅行パンフレットと同じような感じで見ることが出来ます。また、裁判所の手続きについてもとても簡単になっており、より市民に親しみやすい場所になりました。

 

話が少しそれましたが、今ではそれほど選び方が豊富にあるといってもよいでしょう。

 

具体的な場所選びにつきましては、自宅から一番通いやすい裁判所を選べば問題はありません。もし同じぐらいの距離で2つ以上候補が合った時は、自分の好みで選んでもよいでしょう。裁判所の選び方といっても何も特別難しく考える必要はなく、むしろめったに訪れることのない場所となりますので、逆に行くのを楽しむという考え方でも問題ありません。それか裁判を行うということは弁護士などの専門家が一緒ということになるので、彼らに裁判所の場所選びについて相談をすればより間違いのない選択が出来ます。