商品を買ったのに料金を払わなかったり、借りたお金の返済が滞ると催促をする書類が届きます。

 
普通はその相手が作った書類ですが、そのまま放置しておくと裁判所から支払督促状が届くことがあります。

 
支払督促状とは簡単にできる請求制度で、裁判所で書類を作ればすぐに相手に送ることができます。
この書類は債権者が申立人になって送るもので、どちらかというと相手にお金を返すように圧力を加える意味が強いです。

 
そしてこの支払督促状を無視していると、相手はそれよりもっと強い方法をとってきます。
それが仮執行宣言付支払督促というもので、この書類が届いてから二週間放置していると強制執行が始まります。
それを避けるためには同封されている書類を使って裁判所に申し立てます。

 
この書類が来た時は裁判をする以外手がないので、こちらも裁判をして全面的に争います。
また書類が届いていたのに無視していると、この書類は簡易裁判に近い効果を持つので大きな損失になリます。
書類への返事を出さなければ裁判の負けを認めたことになるので、こちらの言い分をいう機会を失います。
このように非常に重い意味を持つ書類ですから、もし自分の家に届いた時は出来る限り早く手続きをするべきです。