特定調停とは、民事調停手続きの一つです。裁判所が、借金の返済が滞りつつある借主と貸主、その他の保証人等との話し合いを仲介し、返済について軽減措置や返済条件等が双方で合意するように働きかけ、借主において経済的に立ち直れるように支援することです。借金を抱えている人の中には、自己破産をせずにこの手続きを行って、軽減できる制度を利用している人もいます。

 
手続きをするには、まず申立てをします。債務の内容の変更や担保関係の変更その他の金銭債務に係る利害関係の調整などを調停に申し立てをします。

 
申立てを受けた裁判所は、債権者に書類を送り今までの借入や返済の状況の書類を提出してもらい、利息を払い過ぎていないかなどを調べます。
その後、裁判所より裁判所に来るようにと書類等で連絡がきます。裁判所から指定された日に裁判所に行き調停委員より調停での解決が可能かどうかを検討します。

 
調停当日は、調停委員が間にはいり話がすすめられます。双方が同意した内容を書類にまとめます。これを調停調書といいます。合意した内容に双方から異議がなければ、確定判決として調停調書の効力が生じます。

 
これが、流れになります。
借金返済に困って悩んでいる方は、この調停を利用して自分で解決を図る方法もありますので、相談してみるといいと思います。